よー清水・著『「ファンタジー背景」描き方教室』刊行記念インタビュー

2016.10.28
ENTERTAINMENT

2016年10月に『「ファンタジー背景」描き方教室』を刊行したよー清水さんに、背景イラストへのこだわりや本書に対する想い、文鳥への愛を伺った。

いつのまにか背景描きになっていました。

― いつから何をきっかけにイラストを描き始めたか教えてください。

高校1年生の秋ごろに、長続きして役立ちそうな趣味がほしい! と思ってイラストを描き始めました。

― 趣味が仕事になったのですね。清水さんは多数の背景イラストを発表されていますが、なぜ背景の道に進まれましたか。

最初は東方Projectという同人ゲームのキャラクターだけを描いていたのですが、あるときキャラクターと合わせて背景を描いたら、とても評判がよかったんです。それからはキャラクターだけでなく、背景も描くようになりました。最初はキャラクターのオマケだった背景が、だんだん描くのが楽しくなってきて、いつのまにか背景描きになっていました。

bird_1

最も伝えたいことを一文で決めて常に頭にとどめておきます。

― イラストを描いていてうれしかったエピソードを一つお聞かせください。

はじめて絵のお仕事でお金を頂いたときです。確か大学一年生のときでしたが、ゲームの背景の仕事でした。初めての仕事だったので、指示通りの絵を描くのに慣れてなくて、とても苦労したのを覚えています(笑)

― イラストを描くときに気をつけていることは何ですか。

鑑賞者の視点で絵を見ること、この絵で一番伝えたいことを常に頭に留めておくことです。
見る人の立場になって絵を見ることができると、どこに視点が集中するか、逆にどこを見ないか、どんなことに期待しているかがわかるようになります。よく見られる部分はしっかり描きこみ、見られない部分は省略して流し、期待されるであろう部分は、絶対に外さないように慎重に描くようにしています。
また、一番に伝えたいことを頭に留めるのはとても大切で、伝えたいことがわからなくなると、無駄に要素を置いてごちゃごちゃした絵になったり、密度はすごいけど魅力がない絵になることがよくあります。本の中でも書きましたが、最も伝えたいことを一文で決めて常に頭にとどめておきます。

bird_2

第一に優先するのは技術力ではなく、作品の魅力です。

― 今回の本はどんなかたに読んで欲しいですか。

個人的には、どんな人に買ってもらっても損にならない本になっていると思います。キャラクターなどは描けるけど背景は難しいと思っている人、これから背景を描きたい人、もう一歩先の完成度の絵を描きたい人などに特におすすめしたいですね。

― 今回の本でこだわった点をおしえてください。

考え方と、細かなテクニックをバランスよく解説した点です。
絵の考え方を解説している本はとても役立つんですが、解説が難しすぎて初心者お断りになってることが多いです。
逆にテクニック本は、なぜその操作をするのか、考え方や理屈が書かれてないのでレベルアップに大切な思考を学べません。
本書は、考え方を重視していますが、すぐに使えるテクニックも合わせて紹介しているので、初心者から上級者まで、いろいろな人に参考になると思います。

page2page3

― 今回の本でいちばん伝えたいことはなにですか。

技術より作品の魅力が大切だということです。
どんなに技術を込めても、それが魅力的でなければダメです。技術を学ぶとついそれに捕らわれて、それ以外は間違っているという考えになってしまいがちですが、第一に優先するのは技術力ではなく、作品の魅力です。

bird_5

ニギニギすると幸せになって絵がうまくなります。

― よー清水さんと言えば、きもかわいいと評判の文鳥人アイコンのイメージがありますが、文鳥はどのようなきっかけで飼い始めたのでしょうか

独り身に、木枯らしがしみたからです! 文鳥を手で握ると、絵で疲れた心が癒やされます。ニギニギすると幸せになって絵がうまくなります。並文鳥はマスキングして描いたように白黒赤グレーの色分けが美しいです。撫でてもよし、眺めてもよしです。絵描きは孤独な職業なので、寂しいあなたも文鳥を飼いましょう。

bird_6

― か、かわいいですよね、文鳥。実用書のWebっぽく、おすすめの文鳥エサを教えていただいてもよいでしょうか。

ナチュラルペットフーズ エクセル 文鳥 1.5kg』がおすすめです! 他の餌よりも美味しいです。毎日食べても飽きません。ボレー粉を少し混ぜると栄養バランスがいいです。豆苗があるとなおよしです。

― 最後に、今後の活動予定・目標などがありましたら教えてください。

今後は、あまり得意ではないキャラクターを鍛えて、背景もキャラも描ける万能絵描きになりたいです! 毎日頑張って生きます。

― ありがとうございました。

(了)

書誌情報:
「ファンタジー背景」描き方教室 Photoshopで描く! 心を揺さぶる風景の秘訣