~短期集中講座~ 土日でわかる Pythonプログラミング教室

土日の2日間という短期間で、「考えるよりまず実践」の形式で、Docker、Djangoなどの付帯技術も習得しながら、環境づくりからWebアプリが動くまでを通してPythonに慣れ親しめる本です。
フロイデ株式会社 吉谷愛 著

昨今、ビッグデータとの親和性やIoTの相性が良いことなどで、2015年後半から「Python」という単語をよく目にするようになりました。この本はそういう情報を敏感に察知しながらも、忙しいためなかなかそれらに手を出せない人が、

・土日の2日間という短期間で
・「考えるよりまず実践」の形式で
・Docker、Djangoなどの付帯技術も習得しながら
・環境づくりからWebアプリが動くまでを通してPythonに慣れ親しめる

本です。

●この本を推薦します
人工知能はもはや「作る」時代ではなく「使う」時代。Python学んで、人工知能を使いこなそう。
Mistletoe株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 孫 泰蔵

●「私はこのような本を待っていました」から抜粋
本書は不思議な魅力に満ちた本です。ここに書かれていることは、決してやさしいことではありません。専門的な技術や人工知能の知見がたくさん含まれています。プロの人工知能技術者や研究者が使うツールと基本的には同じものです。そして、それらを読者はすぐに使えるようになります。迂回することもなく、初心者向けだからと言ってごまかすということもなく、人工知能の中心をまっすぐに射貫くような道を著者は用意してくれています。また現代的な人工知能の構築に必要な技術が網羅されています。これはひとえに著者の力量の高さと深い親切心を示しています。このような著作が多くあれば、人工知能を正確に理解する道をたくさんの人々に示すことができるでしょう。
人工知能はとてもシンプルな分野です。ただ、知能というものの正体が誰にもわからないので、議論が複雑になってしまうのです。人工知能はなによりも「作りながら知能を理解する」分野なのです。人工知能でたいせつなことはなによりも「人工知能を作るという体験」そのものなのです。
本書は人工知能の本質を射貫く、読者に体験を与える素晴らしい入門書と言えるでしょう。

三宅 陽一郎
(日本デジタルゲーム学会 理事/ゲームAI 研究者)

■著者略歴:
●吉谷愛(よしたにあい)
システム開発と人材育成を手がける、フロイデ株式会社、代表取締役社長。
COBOLからRubyまで、プログラマーとしての幅広い知識と経験を持つ。
未経験者を採用し、技術指導で現場のプログラマーを多数育成した実績を活かし、
現在、テクニカル講師として活動中。
数多くの無職者やフリーターをエンジニアに育て上げ、世に送り出す。
ヒューマンアカデミー、デジタルハリウッド、ウチダ人材開発センターなどでの、多数の講師実績がある。
著作実績に、『土日でわかるPythonプログラミング教室』がある。

●本書の動作確認環境
本書は、以下の環境で動作確認が行われており、これ以前のバージョンや他の環境には対応していません。あらかじめ、ご了承ください。

◎Mac OS X
Mac OS X Mountain Lion 10.8以降

◎Windows(64ビット)(x64)
Windows 8/8.1、Windows10
Webブラウザ:Google Chrome
※このテキストで使用しているOSはWindows10です。

このテキストで使用するアプリケーションのバージョンは以下のとおりです。

◎Docker Toolbox 1.12.5

■目次
●序章 第1節 この本の構成について

第1章 金曜日
●第1節 「Docker」ってなんだろう?
●第2節 「Docker Toolboxダウンロード&インストール」
●第3節 Pythonのプログラミング環境をつくる

第2章 土曜日
●第1節 少しだけPythonのプログラミングをやってみよう
●第2節 FizzBuzzプログラムでPythonの文法に慣れてみよう
●第3節 チャットボットプログラムを解析して、Pythonプログラミングに触れていこう
●第4節 少しずつオブジェクト指向に慣れていこう
●第5節 文字列操作に触れてみよう
●第6節 少しだけ人工知能っぽいプログラムに触れてみよう
●コラム 「チャットボット」っていったいなに?

第3章 日曜日
●第1節 「人工知能?ななこ」をWebアプリとして動かそう!
●第2節 Webアプリ版の「人工知能?ななこ」が動く流れを追ってみよう!
●第3節 Webアプリ版の「人工知能?ななこ」をもっと詳しく調べてみよう!